デリヘル・ソープ・おっぱぶetc

1万6千円ではずれを引いた。川崎 堀之内エレガンス体験レポート。

更新日:

 

はじめまして。エロパパです。

北海道から上京して9年大田区に住んでたが結婚を機に引っ越す事になりまして、

長年住んだ街だったなーと、ある日自転車で川崎まで買い物に行った帰り道。引っ越す前にせっかくだから違う道で帰ろうと道を一本奥まで進んだら、なんとそこはソープ街だったんですよ。

 

エロパパ。今まで一度もソープに行ったことも、行く勇気もなく、病気になって死んだらどうしようとか、ヤクザのお兄さんが出てくる怖いイメージがあったので道を通る時にも派手な看板に薄気味悪いお店に、ドキドキしながら道を通ったが、キャッチは少なく人通りも多く無い。

 

自転車をこぎながら周りをキョロキョロしてると、小汚いお店とまるで違いビジネスホテルのような綺麗なお店があり、日曜日のお昼時なのに、ガラス越しの自動ドアには数名のお客さんが見えてとても繁盛していました。

 

それはまるでエロくてお下劣で、ヤクザのお兄さんが出てくる素ぶりなどまるでなく、お客さんが出てくる時に見えた店員さんはスーツをビシッと綺麗に着ている立派なホテルに見えたんですよ^^;

 

風俗なのにあんなに綺麗なお店があるんだなと思い、家に着くと早速ネットで川崎 ソープで検索。

すると出るわ出るわ。川崎の堀内と言えば吉原と並ぶ有名な風俗街。

そして、検索するとお肌ピチピチそうな可愛い女の子の写真が出るわ出るわ...。

好奇心で検索してみただけなのに、帰ってきてからずっと検索しっぱなし...。

我慢汁も出っぱなし...。

堀内まで自転車で20分と近い場所に住んでいながら一度もその正体をしらなかったので、近所にこんなに可愛い女の子が裸でいるのを想像したら、初めてエロ本を拾った少年のように息子が元気になっていたんです...。

しかし、可愛い女のと遊ぶには最低三万円は用意しといた方がいいよと友達から聞いていたが、可愛い女の子がたくさん居そうな綺麗なホームページは高級店と言われる部類で値段が二時間五万円からとかなり高額。

五万はさすがに高いなあと、ケチって値段を下がると途端にホームページにもお金をかけずにいかにもな女の子の写真しかない。。

化粧に写真をフォトショップで加工しましたと言ってるような胡散臭いお店ばかり。

しかも調べて見ると、高級店は可愛い女の子がでてくるだけじゃなく接客が恋人気分で楽しませてくれるんだとかで、そのサービスがすごいという記事ばかりで、
行く前には2chスレッドで行きたい風俗店の名前を検索して嬢が可愛くて接客がいいのかをきちんと調べてから行くべきと聞いていました。

高級店 3万円~5万円以上

テクニックがある
誰にでも笑顔
積極的にキス
恋人気分でやさしい
お金を沢山もらってるのでポテンシャルが非常に高い
ボーイが親切

大衆店 1~2万円

テクニックなし
ブサイク
愛想が悪い 笑顔が少ない
タイプじゃないと接客が雑
時間を早く終わらせられる事もある
ボーイが雑

まあ、安いのがファーストフードの牛丼で高いのが叙々苑だと思えば当たり前のことですよね^^;お金を出さないと可愛い女の子と遊べない。

事前知識から、やっぱり初めてはお金を払って行こうと思ってお店を絞っていたら目に付いたのが、川崎プレミアム。

名前からしてしっかりしてそうじゃないか。一時間36000で入浴料 サービス料全部混み。

高級店の五万円で二時間は高くて手が出せないけど、高級店並みのサービスを1時間味わえるお店としてサイトも綺麗で、2chの口コミも良くサービスがいいらしい。

実物と写真の顔が違うパネルマジック、通信パナマジもほとんどなく、どの子も良かったという口コミばかり。何より20歳前後の可愛い子が多くて、どの子が出てきても楽しめそうとエロパパ興奮...!!

これは初めてのソープに行くしかない...!結婚を前に人生経験を積んで置かなければと、エロパパ初のソープです。

その日は時間がなく夜から彼女と合流。月曜日の明日は仕事が21時には終わりそうだから、その後に行く事を心に強く決意を抱き、行く前から興奮が収まらない息子を一度可愛がってあげて事を済ましました。マンネリなのでエッチとかしないよww

 

いよいよ初ソープの日がきた。

 

月曜日。いよいよだ。仕事など手につくわけがなく、21時に切り上げて家に着いたのが22時。パソコンを開きながらコンビニのうどんをすすり、バクバクと緊張する気持ちを抑えるようにビールを飲む。

サイトを見ると、すぐご案内できる女の子の写真をみながら電話をお店にする。

どんな怖いお兄さんが電話にでるんだろうかと思いながらも、3コール目で相手が出た。

"川崎 プレミアムです。"

とりわけ愛想がいいわけでもなく、ごく普通な男の人の声。ヤクザの怖いお兄さんではさなそうなので、とりあえず一安心。

"ネットでみたらご案内できると書いてる、xxxなんとかちゃんをお願いしたいんですが、"

"本日はご案内は終了しております。"

"じゃあ、xxxちゃんは?"

"本日はご案内を終了しております。"

"え?!でも、まだご案内可能と書いてありますけど?"

"本日は終了いたしました....。"

少し罰が悪そうに、一方的に終わりましたの言葉だけで、申し訳ございませんの一言もなく、

分かりました。またかけます。と、電話を切った。

残念すぎる。。。あのHPの書き方は一体何なんだ?!

とりあえずやってそうなお店を探して電話をするも、

5分以内で来れるなら、
もう閉店しました。
またかけてください。

というお店だらけで、調べてわかったのが堀之内のソープは基本的に全てのお店が24時閉店。ブラック企業では無くてエロパパが働いてる会社よりも優良企業が多いみたいで羨ましい限りです。

しかし、今日行く!という気持ちは変わらずにまだ営業してますというお店を探して電話をかけ続けること22時40分。

"今から行きたいんですがお願いできますか?"

"はい大丈夫ですよ!"

"ちなみに、ホームページだと2人の女の子がいますがどちらがおすすめですか?"

"xxxちゃんです。"

"ではその子でお願いします。"

 

初ソープ決定!!

 

サイトは古臭くて、いかにもハズレを引きそうだったが、とにかくやってるお店がないので選んでられない。写真を見ると2人残っていて、1人は日本人で写真は綺麗そうな人で。もう1人は写真がなしだけど日本の名前。おすすめされたのは、写真が無い方なので爆弾の可能性も充分にありえる。

しかし、予定の36000から大幅に安くなり

 

40分 1万4000円!半額以下で安い!

 

ハズレを引く可能性もあるらしいが、女の子が人にばれたくないので顔を隠してる場合だってある。

なによりもこの悶々とした気持ちをどうにかしたい。それが先だ。

お店の地図を確認してビールを飲み干し、臭いちんちんは女の子に嫌われるかなと、パンツを脱ぎちんちんだけ洗い自転車に乗り込み、立ちこぎ全速力でお店近くのスーパーに自転車を置く。息子はビンビンだ。

再度アイフォンで地図を確認して夜の堀之内へ行く。

おばけが出そうな風俗店

昼間と違い怪しいネオンが光り輝いていて、怖いお兄さんが何処からか近寄ってきそうだなと怖さが増える。キャッチのお兄さんに数名声をかけられながらお店の看板を探すも見当たらない。

あ、あったあったと、近寄るとエレガンス学園という似た名前の店だったが、丁度外にボーイさんがにいたので、このお店を探してるんですが、、と他のお店を聞いてみると"あそこの角だよ"と、案外親切に教えてくれた事に親切な人か働いてるお店にだったらいい子がいそうだなと思いながら、ソープが恐いものという警戒心がここでかなり解かれました。

ちょっと時間に遅れ気味だったので、角を曲がり急ぎ足でお店へ向かう。

どんな可愛い女の子が出てくるのかなと我慢汁は暴発寸前の息子をなだめながら小走りになってお店に到着すると、

のけぞるような面構えのお店の店がこれだ!

お店の名はエレガンス。

エロい気分が一瞬で吹き飛んだ...。

外に立っていたボーイのお兄さんに見つかり、声をかけられ、意を決して店内にはいることにしたが、..。

 

内装はザ昭和!

 

薄暗くて古くて汚くタバコ臭く、外見から想像する嫌な雰囲気通りのお店。

短い通路を通ると、四角く囲んだソファのある待合室に通され、小さいテレビに雑誌や漫画かおかれていた。

待ち時間に撮影に成功した写真がこれ。

すぐに他のお客さんも入ってきたが、屈強なイカツイむくじゃらのアメフトでもやってそうな人がいた。なんだか激しいプレイをしそうだなと想像していたら、
席が囲むようにあり狭いので、その人と目が合ってしまった。。

そうこうしてると、先払いのお支払いをお願いしますといわれたので、14000払う事になるのだが、、、ここでエロパパとんでもない行動に出る。

 

いやまてよ?

 

怖いお兄さんが出てこない安堵感から40分といわず50分で円16000に何を思ったか延長をお願い。

初めの36000から比べたらそれでも半額以下!いい買い物だなと思ってたら、

"それではご案内します"と係りの人に直ぐに呼ばれた。待ち時間の胸が破裂しそうな緊張が一気にちんこに駆け上がっていく!どんな快感が待っているんだ!と想像が膨れ上がっていく!

エロパパ女の子と一緒にお風呂にも入ったことも明るい場所で裸をみせたこともない。

汚い体を見せて引かれないかなとか、可愛すぎて好きになったらどうしようと脳内がぐるぐる猛烈に緊張しながらも、

 

いざ女の子がいる廊下に出ると、

 

アジアンババアがいた。

 

年齢はざっと30過ぎの小麦色のタイ人。髪の毛が異常にサラサラヘアーでハゲそうな気配を感じる。太眉でAKBのコスプレをしていた。

 

全然かわいくない....!!

 

悩みが一瞬に吹き飛び、絶望感が襲って来て、これが俗に言うハズレだと理解した。

コンニチハーと笑顔のババアと裏腹に先ほどまでの楽しみな気持ちが一気にうせて凍りついた。

ン?ン??ドウシタノカナ?と笑顔で気遣うババアだが、どうしたじゃない。なんでタイ人がホームページの名前で日本語を使っているんだよ。。

初めてのソープでチェンジと言える勇気もそういうシステムがあるのかも分からず、とりあえずトイレに行きたいと、一旦冷静になる。

お金を払ったしもう戻れない。楽しむしかない。これも勉強だと意を決する。

トイレから出るとババアがニコニコしながら待っていた。

少し薄暗い廊下に部屋が6つ程あり、外観同様古臭さが目立ち衛生的に大丈夫かと思う。息子は意気消沈していた。

部屋に入ると、ザ、昭和のソープ!と言わんばかりの古臭い設備でネットで似た部屋を探したが大体こんな感じでした...。

ホームページでこんな汚いお風呂には入りたくないから高いお金を払うべきと思っていたが、まさにその通りの汚いお風呂がそこにはあったんです。。

嬢からフクヌイデネクダサイ。と言われ自分で服を脱ぎ、裸でスケベ椅子に案内される。

嬢は年齢の割に肌が綺麗。タイ人なので肌が黒いがムチムチしている胸はDカップで綺麗な形をしていた。ババアに変わりはないが、なかなか良い体をしている。

雑談をしながら、泡であそこや体を洗ってもらっていながら、手がケツの後ろからさわさわわっとさわらると、ババアが元気になってきたアソコを見て、

"ゲンキニナッテキタネー"と片言で話しながらニコニコ。キモい。。

顔を近くでみると、同僚のおばさんに似ている。。しかし、自分は21時まで働きそこから遊びにきているが、この人は国を飛び出し日本で体を使ってお金を稼いでいると思うと、頑張っている事に情がわきエロさが余計に吹き飛んでいく..。

洗い終わるとお風呂に案内されて、イソジンと歯ブラシを渡される。

嬢も自分の体を洗い、お互い歯磨きをしながら話をするのは、お母さんと一緒にお風呂に入ってる時を思い出す。。

エロさはどこへ。。。

洗い終わると嬢がお風呂の中へ一緒に入り、へなったポコチンを舐めはじめるが、

明らかな演技のアンアンアンアンに、下手くそな舐め方で全然気持ちよくない....。

口を大きくあけてるのに舌でチロチロ舐めるだけでもっとズボットバキュームを期待しているのに何をやっているんだこのばばあとイライラしてきた。

数分なめるとじゃあベット行こうかと、タオルが沢山積まれた1人用の狭い簡易ベットに案内された。

横になるとまたフナチンになったので、嬢が手でゴシゴシ

"オオキクナアレ。オオキクナアレ。"とニコニコしながら喋りかけてくる。。

愛想笑いでどうにか間を持たすが全く気持ちよくない。

気持ちと裏腹に息子は大きくなり、ゴムをつけてすぐに騎乗位からの挿入。

狭い。口より刺激が強くて搾り取られるように狭いアソコ。しかし可愛くないので気持ちが乗らずになかなかイカないので、そっと目を閉じてさっさとイケるように気分を紛らわす。

騎乗位を数分やってから「タイイカエル?」と言われたのでバックをやるも、直ぐに疲れる30歳のエロパパ。「やっぱり騎乗位でおねがいします」と、騎乗位で上下に動かれていると、徐々に気持ちよくなり、「あっ、いく。」と、掛け声を出してイってしまった。。

ここまで30分経過。

タクサンデタネと、ニコニコしながらゴムを外してもらい、まだチンコを触ろうとしたので、

もう刺激が強すぎて無理です.....!

と男ならイった後あるあるの敏感になりすぎてて、二回戦目をやる気力もなくなり、じゃあマッサージをしてあげるねと、うつ伏せになり背中をもんでもらいながら雑談タイム。

どんな人がタイプなの?
恋人はいるの?
日本語上手ですね。
こんなに遅くまで働いて大変ですねと、雑談をしてると、

嬢から今でも忘れられない名言を言われる。

仕事8.遊び8睡眠8で1日24時間。8という数字これ大切ね!(^_^)

働き過ぎもよくないし、遊び過ぎもよくない。しっかりと寝て人間らしい生活をする。それが大切なんだよと教えてくれた嬢の名言が胸に突き刺さる。

風俗という体を張って頑張る仕事をしている嬢から言われると妙に力がある。今日は朝10時から夜9時まで沢山働いて遊ぶ時間が短いから、濃厚な時間を過ごしたんだよと自分を納得させたい所だったが、高いお金をだして、食べたくないババアが出てきたのでお金と時間を返してと声を大にして言ってやりたかったのでこの言葉をそっと胸にしまい込んだ...。

初ソープの感想

 

安いお金を払うと、安い女の子しか出てこない!

 

ラッキーに可愛い女の子と安くて遊べる事もあるかもしれないが、それは色々なお店に遊びに行ってる人の言う言葉であり、普通の人はまずありえないと思った方がいい。

高いお金を払ってサービス質とも悪いサービスがあればそのお店は絶対に潰れます。なのである程度の高級店であれば、確実にそれなりの女の子を用意しておくはずなんです。不細工でもサービスが最高だったりしないと嬢も指名されないしお店が直ぐに潰れているはずです。

プロだから凄い技術があるものと、ワクワクしていたがそんなものは無かった。あったのは、幻想という名の快楽で、自分の右手の方が上手くて、フェラもセックスも彼女の方が数倍上手。

べらぼうにエロい氣分になり、腰をパンパン打ち込み、2度3度イってもたりないぐらいの変態気分になるのかと思ったらそんなものは皆無でオナニー以下。エロい気分にもならずに、ばばあにチンコを強引にしごかれ、搾り取られただけなのだ。

イッた時も、気持ちよさはまるでなく、余韻も全くなかったが、全てはババアと店の汚さでムードも何もない。いい匂いもせずに、女性らしさがないのだ。

 

残ったのは無駄に疲れた心のみ...。ああ、明日も仕事だったのだ...。

 

そもそも日本人の肌スベスベの可愛い女の子と遊びたかったのに、アジアンババアなど論外なのだ。焦って適当にお店を選んで、顔も見ずに決めたエロパパがいけないのだ...。じっくり吟味して慎重に事を運ばなければいけないので、冷静さを失ってはソープで負けをみることになります!

これはリベンジするしかないと、次の日には今日行けなかったプレミアムに早速行くことを心に強く決意したエロパパだったのです。

--続く。

-デリヘル・ソープ・おっぱぶetc

Copyright© 出会い系が大好きおじさんエロパパ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.